ネットビジネスは特にSEにおすすめ

こんにちは、鉄神ツルギです。


SEの副業
ネットビジネスは、SEの副業として最高の仕事です。特にWEB系のPG/SEにとってはこれ以上ない副収入となるでしょう。現に私がその一人となっています。

私はWEB系のSEとして7~8年の経験を持っていますので、インターネットに関する技術は最低限かじっています。その点、ネットビジネスに参入するハードルは低くなっているでしょう。

例えば、FTP。これはSEにとって必須の道具です。FTPだけでなく、SFTP, SCP なども使います。認証にしてもパスワード認証だけでは怖いのでクライアント認証を使ったりします。でも、SEにとっての常識は、一般ネットユーザにとっては当たり前ではありません。

・FTPって何?
・URLの最初に書くhttpって何?
ドメインって何?

というレベルです。ApacheLinuxなんて触ったことないからレンタルサーバを借りてもアクセス制御がわかりません。HTMLCSSJavaScriptのことなんて、敷居が高くて全くわからないのです。


年配の方ならなおさらです。キーバードを打つのがやっと。ブラインドタッチは当然できない。メールは打てるけど、メーラの設定はできない。インターネットブラウザを変更することも当然できない。


そんな人達と比べたら、アドバンテージありすぎなんです。

副業の収入
と・こ・ろ・が・・・、ネットビジネスの収入は、スキル差ほどつきません。非常に興味深いところです。60歳の方でも、WEB系SEの収入を抜いて行きます。笑えないですね。でも、これがネットビジネスの現実です。


WEB系SEであれば、稼ぐための基盤を作ることはたやすい事です。レンタルサーバを借りるって行っても柔軟性が利かないのでVPSにしたいくらいです。画面キャプチャを取るのも得意です。なんせ、エビデンスを取るために画面キャプチャ地獄を乗り越えてきた訳ですから。だから、個人の作業速度は圧倒的に速いです。


でも稼ぎとなると差が出てこない。。。何度も言いますが、おかしいですよね(笑)


それにはいくつかの理由があります。

SEの慢心
SEは自惚れています。自分はプログラムで何でも作れると思っています。自分のスキルに自負を持っています。効率化にやけにこだわります。スキルがすべてだと思っています。


でも、ネットビジネスというのは、プログラミングとは正反対です。プログラミングは何かの機能を実現するためにありますが、ネットビジネスは機能そのものです。その機能を何にするかが大事なのであって、それを実現するための方法は二の次です。


だから、SEがネットビジネスに参入するのであれば、自惚れないことが大事です。肝に命じておいて欲しいです。そうしなければ、キーボードをやっとやっと打てるような年配の方に収入で負けてしまいます。

SEにとっての効率化
SE(というかプログラマ)は効率化にこだわります。そして、単純作業が大嫌いです。効率的でないことは、自分のスーパープログラムによって解決しようとします。単純作業も同様に、プログラムを作って解決しようとします。プログラマは自分のプログラムに愛着を感じます。自分で作ったプログラムじゃないと満足できません。だから、これが一番効率悪いのですが、自分で一人で何でもかんでもやろうとしてしまいます。そして結果的に60歳の方に負けてしまいます。

では60歳の方はどうやって効率化するのかというと、自分の能力をわきまえているので外注に出そうとします。あるいは、有償のツールを購入して解決しようとします。つまり、お金で解決してしまいます。

この行動は、プログラマには我慢できません。だから、収入が伸びません。

だから、SE/プログラマがネットビジネスに参入するときは、自分で何でもかんでもしないことを心がけるとよいでしょう。

ただし、自分でアプリやシステムを作って、それを売りだそうとしているのであれば話は別です。

結論
いくつかの注意点はありますが、SE/プログラマはネットビジネスに入って行きやすいと思います。プログラミングにより自分で商材を作ることも可能です。自動投稿ツールやアフィリエイトサイトの自動作成、商品価格の比較などをプログラムでちょちょいのちょいと作ることが可能なのですから。選択肢が沢山あります。

毎日終電で月400時間も働くくらいなら、スモールビジネスから始めてみませんか? SE/プログラマこそネットビジネスに算入すべきです。


↓↓↓ お役立ち情報をメルマガで発行中です ↓↓↓

このブログに興味を持たれた方は、是非、メルマガにご登録ください。 ためになる情報を発信していきます!
お名前 姓: 名:
例)山田 太郎
メールアドレス
例)tsurugi@yahoo.co.jp
メールアドレスを入力して、送信すると
●●のメールマガジンに登録されます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。