自宅で高収入を得るにはどうすればいいのか?

こんにちは、鉄神ツルギです。


自宅で高収入を得るためにはどうすればいいのかと考えるのは、何歳からでしょうか?

小学生の段階
小学生はそこまで考えないですよね。欲しければ親にせがむ。買ってもらえなければふてくされてあきらめる。この段階で終わりでしょう。

中学生の段階
でも中学生くらいになるとその次を考え始めますよね。どうすればお金を手に入れることが出来るか。親の財布から・・・、いやいやそれはダメ、盗みと一緒で犯罪。じゃあどうしよう。バイトはできないし朝起きるのは大変だから新聞配りは嫌だなあ。自宅にいながら少しでもお金を得ることはできないかなあ。という具合ですね。しかし中学生の段階では気持ちはあってもお金を稼ぐ行動は制限されているし情報も少ないので行動に移す段階まで進めませんよね。

高校生の段階
高校生になるとバイトを始める人が増えてきますね。進学校の場合は勉強一辺倒でしょうが、そうでなければコンビニやファミレスなどで実際に行動を起こして収入を得るようになってきます。また、稼ぎ方のバリエーションも増えてきます。

コンビニに代表される定員さんは時給の世界です。社会経験をすることが目的の場合もありますが収入面で見れば完全に時間で決まります。経験で加味される金額なんて大したものではありません。そもそも働ける時間が少ないのだから時給100円増えたところで大した額ではありません。

一方で少数の高校生は時給という概念のない世界に手を出し始めます。そういう高校生は玄関からは外出しません。なぜなら、玄関から出る世界は時給の世界だからです。800円の収入を得るために自分の貴重な1時間を提供しなければなりません。あまりに単純な作業です。だから玄関からは出ません。その代わりパソコンに向かいます。そして、インターネットに接続して外に出るのです。

目覚めるのが速い高校生はもうネットビジネスを始めてしまいます。ただ、ネットビジネスをするという意識はあまりなく、「こうすれば自宅にいながら収入が得られるのではないか」というワクワク感が強いんですよね。最初は「月に数千円だけでも手に入ればイイな」程度でしょう。自宅にいながら月額数千円の収入がお小遣いとは別に入れば裕福な高校生だと思いませんか?

しかもです。ココが大事なところなのですが、お小遣い以外の副収入の額は自分である程度コントロールできるということです。しかもほとんど動くことなくです。だから、ひとたび数千円を稼げてしまえば、あとは掛け算です。もうちょっと時間を掛ければ収入が倍になります。しかも、バイトに比べて圧倒的に効率化できるのがネットビジネスです。バイトは頑張ったところで時給100円程度。それに対してネットビジネスは効率化によって時給換算で2倍3倍になるものです。

大学生の段階
大学生になると、玄関から出ても時給の概念のない稼ぎ方をする人が出てきます。ネットビジネスにおいても大きく躍進する人が出てきます。いずれにおいても企業を志し始めます。ただ、ほとんどの人は大学生になっても時給バイトをしていますよね。時給が高い家庭教師であっても私の時代は時給2000円~3000円が相場でした。大学生になって初めてバイトをした人は家庭教師の時給の高さに驚くことでしょうが、既に次元の違うところで稼ぎ始めている大学生がいるんですよね。そんな大学生がいることは、社会人になって知ることになります。

まあ、社会人の方であればココに書いたような内容はわかると思います。

結論
自宅で高収入を得るにはどうすればいいのか? という答えに対する一つの答えはネットビジネスです。しかも収入の上限はありません。インターネットに接続すれば全世界につながるのですから本当に可能性は無限といってもいいのです。

しかも、ある程度の手法は確立されておりリスクはほとんどありません。リスクがあるとすれば「やったけど稼げなかった」、つまり「時間の無駄だった」というリスクだけです。現実世界でもし店舗を構えてビジネスをしようとした場合、どれだけの資金が必要になるか。それに比べてネットビジネスはかわいいものです。それなのに売上面では劣りません。「稼げなかった」としても、その人のやり方がまずかっただけです。実際に月50万以上の収入を得ている人が沢山いるのですから。是非ネットビジネスを始めてみてください。行動によってのみ未来が変わります。

興味があれば有用な情報を発信していきますのでメルマガにご登録下さい。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

«  自宅で高収入を得るにはどうすればいいのか?  »
このブログに興味を持たれた方は、是非、メルマガにご登録ください。 ためになる情報を発信していきます!
お名前 姓: 名:
例)山田 太郎
メールアドレス
例)tsurugi@yahoo.co.jp
メールアドレスを入力して、送信すると
●●のメールマガジンに登録されます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。