自己管理の難しさ

こんにちは、鉄神ツルギです。


今日も引き続き、在宅のデメリットについて説明します。

デメリットといっても、他の仕事よりも少しハードルが高いというだけです。

自己管理
在宅の場合、モチベーション管理と同様に、自己管理も難しい部類に入ります。

理由も同じく、孤独になりがちだからです。

自分を見はってくれる人がいません。

家族が入ればまだしも、ひとり暮らしであればなおさらです。



朝起きれなくても怒られません。

サラリーマンであれば、少しでも寝坊すれば、飛び起きて会社に向かいます。

それくらいの意識を在宅でも持てなら鬼に金棒です。



衆人環視
でも、そんな人は少ないです。

だから、在宅の自由さを少し制限することが大事です。

例えば、私は大学時代、友人に毎朝電話を入れてもらうようにお願いをしていました。

電話がかかってくると、いやいやですが、さすがに起きることができます。



あるいは、夕食中に必ず家族に進捗報告すると宣言するとか。

これは意外といいですよ。

眠かったのでずっと寝てたとか言えないので、嫌でも仕事に取り組めます。



情報量を減らす
これは効果があります。

情報が必要なときは減らしてはダメですが、「この方針でしばらく進んで行こう」と決めたことがあるのなら、雑音は消しましょう。


・テレビ

・メルマガ

・ブログ

・SNS

・チャット

・携帯

・ニュース


これらの雑音を可能な限り減らしましょう。

メルマガなんて、1週間に1度見ればいいです。

緊急性のあるメルマガなんてないです。

「★★★緊急★★★」と書いてあるメルマガも、緊急じゃなくても大丈夫です(笑



とにかく、雑音を減らして集中できる環境を整えましょう。

そうしないと、メルマガを1時間見ていたとか、知らないうちにネットサーフィンしてたとか、あとで公開するはめになります。



1日の計画を必ず立てること
計画をたてることは非常に大事です。

無駄な時間を減らす意味でも大事ですが、もっと大事なのは原因と結果の関係を知るためです。

例えば、ブログの1記事書くのにどれくらいかかるか、把握していますか?

把握していない人は、15分なのか、30分なのか、全然わかっていません。

わからないと、10記事にかかる時間を計算できません。



だから、ある結果を出すために必要な原因を把握できないんですよね。

これでは、自己管理もできません。


このブログに興味を持たれた方は、是非、メルマガにご登録ください。 ためになる情報を発信していきます!
お名前 姓: 名:
例)山田 太郎
メールアドレス
例)tsurugi@yahoo.co.jp
メールアドレスを入力して、送信すると
●●のメールマガジンに登録されます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。