通勤のない仕事が在宅ネットビジネス

こんにちは、鉄神ツルギです。


通勤のある仕事
首都圏の人ならわかると思いますが朝の通勤ラッシュは電車がギュウギュウ詰めになって大変ですよね?

大阪に住んでいた頃、毎日毎日阪急電車に乗ってギュウギュウ詰めの通勤生活を送っておりました。毎日毎日、同じ電車の同じ車両から押さねば乗り込めない電車に乗り込む日々でした。混んでいる場合は無理やり入るしかありません。次の電車? 同じ事です。どれだけ待ってもギュウギュウ詰めの電車しか来ません。30分くらい遅ければ状況は変わるのでしょうが会社に遅刻してしまいます。メガネは曇るし、毎日見るから顔見知りになってしまうし、心地の良い空間ではありませんでした。

電車の中ではほとんど何もできませんでした。本は当然読めないし、音楽を聴くとうるさいし、立ってなくてはいけないし、あまり寄りかかると痴漢だと思われるし、ジッとしているしかありませんでした。私にとっての通勤はまさに痛勤でした。

逆に帰りの電車は本を読めるくらいの空きがあったので本を読むことが多かったです。しかし、座れることは基本的にないので立っているのが少し苦痛でした。

だから、自宅で仕事ができないかなあとよく思っていました。


通勤のない仕事
しかしですよ、通勤のない仕事というのもあります。自営業の人には多いですよね。自宅とお店が一緒というケース。在宅ワークをしている人も同様に通勤がありません。

このような人たちには通勤の苦しみがわかりませんよね。あのギュウギュウ詰めの満員電車。社会人になって初めて乗った時、自分がサラリーマンになったんだなと実感しました。良い意味ではありませんよ。これから数十年間、毎日、この満員電車に乗るんだろうなと。。。マイホームを購入する時に感じると言われているあの感覚と同じです。「ああ、ローン30年か。そんなに働くのか・・・」みたいな。幸か不幸は私はマイホームを持っていないのでわかりませんが、同じような感覚を受けたのが満員電車でしたね。

おっと、横道に反れてしまいました。

何が言いたかったのかというと、通勤のない仕事があるということでした。しかし、いまイメージしている仕事というのは、自宅に拘束される仕事ではないでしょうか?つまり、自宅を離れるとできない仕事。自宅で自営業をしている場合は、通勤はなくても自宅に拘束されます。自宅がお店の場合は当然そういうことになります。でもそれって気楽ではあるけれど、場所の拘束力が強すぎます。私にとっては満員電車と一緒です。


場所に拘束されない生活
ところが、場所に拘束されない生活というものもあります。それがネットビジネスです。全くといっていいほど拘束されません。ほとんどのことはiphoneさえあれば大丈夫という状態を作り出せます。

こんなbluetoothキーボードがあれば、メール、ブログ、メルマガなどを支障なく書くことができます。


数千円のバッテリーを購入しておけば2~3度の充電が可能なので電池切れはほとんどありません。また、コンビニで印刷するiphoneアプリがあるので、いざというときにも印刷できてしまいます。

まあ、ipohoneがなくても、ノートPCさえあればどこででも仕事はできます。電源を提供しているお店も探せばどこにでもあります。あちこちにあります。公共の施設でも提供していたりします。だから、ネットビジネスは、通勤のない仕事でもありますが、場所に拘束されない仕事でもあります。大げさに言えば、海外に旅行していてもできるということです。

少しでも自由な人生を送りたい方にはネットビジネスがオススメです。

このブログに興味を持たれた方は、是非、メルマガにご登録ください。 ためになる情報を発信していきます!
お名前 姓: 名:
例)山田 太郎
メールアドレス
例)tsurugi@yahoo.co.jp
メールアドレスを入力して、送信すると
●●のメールマガジンに登録されます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。