SEOに関する自動化

2012 10月 01 SEO 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ツルギ

こんにちは、鉄神ツルギです。

大規模なSEOツールが流行っていますね。ツール購入者の間でリンクを張り合うというのは決して珍しくなくなっているけど、その仕組みが現在のGoogleを意識できているのが特徴的。

大規模というのは、指定フォーマットのサイトを自分で立ち上げてお互いにリンクするという点だけではなく、数階層に渡ることです。

中小検索エンジン、無料ブログ、サブサイト、メインサイトというように適材適所を選んでリンク階層を構築していく。

いやはやすごいですねー。。。

で、終わっていいのか?



もしあなたがプログラマなのであれば、作れてしまうものではないですか?

ちょっと考えて見ましょう。

どんな要件が必要か。

  • 購入者が簡単にWebサイトを作成できる機能。このサイトはWordPressでもいいし、DBを持たないタイプでもいい。
  • そのサイトに他の購入者が投稿できる機能。ただし、他の購入者が意識するのは投稿先のカテゴリだけ。
  • ツールの管理機能。管理する項目は中小検索エンジンの登録ツールと同じ。

機能的にはこんなもん。
だけど、課題が一つ。

購入者同士の被リンクだということは、購入者が少ない場合に効果を発揮できない。たから、100サイトくらい事前に準備しておく必要がある。

1サイト100円なら月額10,000 円のランニングコストがかかる。1サイトに複数カテゴリのサイトを立ち上げたとしても100で足りるだろうか?

1000は欲しいよね。
となると、月額100,000かかる。これはリスキーだ。それなら無料ブログがいい?

でも削除のリスクがある。
それなら無料のレンタルサーバ?あるいは無料のクラウド?

ちょっと前までdropboxをWebサイトにしていたケースがあったけど、同類のことができないかな。

Herokuはどう?無料でDBも使える。

IP分散をある程度は考える必要があるが、5つのサービスに分ければ問題ないのではないか。最近はドメイン分散されていればいいとも言われている。

メールアドレスの量産は簡単にできる。

無料ブログも組み合わせて行けばより良いものになりそうだ。

あとは、量産サイトのレイアウトや、記事の内容かな。

このブログに興味を持たれた方は、是非、メルマガにご登録ください。 ためになる情報を発信していきます!
お名前 姓: 名:
例)山田 太郎
メールアドレス
例)tsurugi@yahoo.co.jp
メールアドレスを入力して、送信すると
●●のメールマガジンに登録されます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。